皮膚科の医師がすすめるニキビケア

###Site Name###

ニキビができてしまって皮膚科で治療を受けたり市販薬でニキビケアを行うことがありますが、ニキビの症状が治まってもまた繰り返しニキビができることもあり、そうなると治療に行くことなどがおっくうになってしまうことがあります。


同じ部分に繰り返しできるニキビは間違ったケアを行ってしまうと症状が悪化することもあるので、症状が重い場合には皮膚科での治療が必要になりますが、軽度のニキビであれば皮膚科の医師がすすめるケア方法で症状を改善してニキビを予防するようにすると良いです。


ニキビが良くできる場所としては鼻があります。

鼻は顔の中でも毛穴や皮脂の分泌量が多い部分でもあるので皮脂つまりが起こりやすく一度できてしまうと炎症を伴うニキビに発展しやすい部分でもありますし跡が残ってしまうと目立ちやすい部分でもあります。皮膚科の医師がすすめる鼻のニキビケアとしては清潔でない指などで触れないようにすること、洗顔の際にはごしごしとこすると強い刺激を与えることになりニキビを悪化させることになるため、洗顔料をしっかりと泡立てて泡を転がすようにしながら優しく洗顔すること、乾燥が角栓を詰まらせる原因となることも多いので洗顔後はしっかりと保湿ケアを行うことです。

goo ニュース情報を豊富に提供しています。

またアゴもニキビができやすい部分です。



アゴのニキビケアとしては保湿が一番大切です。角質層に水分が十分にあれば毛穴が詰まる可能性が低くなります。


またアゴは鼻と同じように無意識に指で触れていることが多い部分ですので、雑菌などが付きやすいことがあります。手で直接触るのを意識的に避けるようにすることも大切です。